スポンサーリンク

Sound Particles Densityのレビュー

DTMReview

Sound ParticlesからDensityというオーディオエフェクトプラグインがリリースされています。Densityは、ソロ入力からアンサンブルのようなサウンドと空間を作れるプラグインです。

Introducing Density
[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

Density

Densityは、入力に基づいて様々なサウンドのレイヤーを作成するオーディオエフェクトプラグインです。ソロボーカルがクワイヤに変わり、バイオリンがストリングスに変わります。シングルトラックに基づいて様々なレイヤーのサウンドを作成します。このユニークなオーディオエフェクトプラグインは、グラニュラーシンセシスを用いて、動き、ピッチ、タイミングの違いを粒子に適用し、複数のミュージシャンが一緒に演奏するようなアンサンブル効果を作成します。

Densityは使いやすく簡単に設計されており、ウィンドウ上部からコントロールと複雑さのレベルが異なる3つのモードから選択できます。BASICモードは迅速な結果を得るための素早く簡単なコントロールです。DETUNEモードは、タイム、ダイナミクス、ボイスの動きをコントロールできます。MULTIPITCHモードは、ピッチの違うグループを作成してコントロールできます。

トップ画面はBASICモードで簡単にコントロールできるようになっています。DETUNEの調節と4ボイスか16ボイスを選択できます。ADD BASSで1オクターブ下のボイスを加えることができます。

DETUNEモードは、グレインの生成やボイスの動きを細かくコントロールできるようになっています。グレインの数、種類、移動方法など細かく設定したい場合はこのモードからできます。トップビュー画面で視覚的にグレインの動きを把握できるので、画面を見ながら簡単にコントロールできます。

MULTIPITCHモードでは、様々なグループのボイスをコントロールすることができます。グループごとにピッチやボイス数、ゲインをコントロールできます。このモードでは、よりクリエイティブな効果を試すことができるようになっています。こちらもグループごとに色分けされたグレインを視覚的に把握できます。

あまり見かけないユニークなプラグインですが、手軽に使えるようになっていますし、詳細にサウンドを作り込めるようにもなっていてユーザーに親切な設計だと思います。宅録環境ではなかなかアンサンブルをレコーディングできないと思うので、こういったツールをひとつ持っておくと助かるのではないかと思います。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました