Ableton LiveとCubaseをMIDIで同期させる

Ableton LiveCubaseDAW

1台のMacAbleton LiveCubaseMIDI経由で同期させる方法を紹介します。この記事ではAbleton Live(ホスト)→Cubase(クライアント)で接続します。

DAWの制限

CubaseAbleton LiveMIDI同期する場合以下のような仕様です。

  • CubaseMTC(MIDI Timecode)の送受信ができます。
  • CubaseMIDI Clock信号を送信できますが、入力されるMIDI Clock信号に対してクライアントとして動作することができません。
  • Ableton LiveMTC(MIDI Timecode)で同期する場合、クライアントとしてのみ機能し、ホストとして機能しません。
  • Ableton LiveMIDI Clockで同期する場合、ホストでもクライアントでも機能します。

というように、Ableton LiveMIDI Clockしか送信できず、Cubaseは同期設定でMTCしか受信できないので通常では同期できません

LiveMTCを使って同期させる

LiveMTCは、Ableton LiveからMTCを出力する無料のMax for Liveプラグインアプリです。

LiveMTCを使って同期させるには、

  1. Ableton Liveとアプリを同期
  2. アプリがMTCを送信
  3. CubaseでMTCを受信

という流れになります。

LiveMTCのダウンロード & インストール

showsyncのページからダウンロードできます。

解凍すると、Live MTC BridgeMTC.amxdがあるので、

Live MTC Bridgeはアプリケーションフォルダに、

MTC.amxdは好きな場所に移動させましょう。

Ableto Liveのプリセットフォルダは ユーザー > ミュージック > Ableton > User Library > Presets にあります。

LiveMTCの使い方

1. Max for LiveプラグインMTC.amxdをトラックに挿します。どのトラックにも挿せますが、わかりやすいようにMasterトラックがオススメです。

2. Live MTC Bridgeを起動すると、プラグインとリンクして、Ableton Liveの情報を読み取ります。リンクすると黄色になります。

3. MTC SettingsTimecode rateDestination MIDI Portからフレームレート送信先を選択します。

以上でLive MTC Bridgeの設定は終わりです

Ableton Liveの設定

ほかのMTCを受信するように設定しているとうまく同期できないことがあるので、環境設定 > MIDIタブ > MIDI Ports > Input側の同期のチェックを外しておきましょう。

Out側の from Live MTC Bridge の同期もチェックを外して問題ありません。

Cubaseの設定

1. Cubaseを起動したら、トランスポート > プロジェクト同期設定 を開きます。

Cubase画面下のトランスポートバー右端の歯車「トランスポートを設定」を開いて、外部同期を有効化にチェックを入れ、外部同期を有効化ボタンを表示させます。

外部同期を有効化On Offボタンと、同期設定のボタンが表示されます。

2. プロジェクト同期設定ソースタブ タイムコードソースMTCにして、MIDIタイムコードの設定 MIDI入力Live MTC BridgeDestination MIDI Portで設定したポートを選択します。

3. MTCは再生速度は同期しないのでCubaseをAbleton LiveのテンポLive MTC Bridgeのフレームレートに合わせます。

フレームレートはCubaseプロジェクト設定(プロジェクト > プロジェクト設定)から変更できます。

4. 外部同期を有効化します。有効化するには3つの方法があります。

  1. Cubase画面下トランスポートバーのが外部同期を有効化ボタンを押す
  2. メニューバー トランスポート > 外部同期を有効化
  3. メニューバー トランスポート > プロジェクト同期設定 ソースタブ > 外部同期を有効化

以上でCubasでMIDIを受信する設定は終わりです。

あとは、Liveから再生すれば同期します。再生から読み込むまでにラグがあるので、少し手前から再生すればうまく同期します

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました