CubaseとAbleton LiveをMIDIで同期させる

Ableton LiveCubaseDAW

1台のMacCubaseAbleton LiveMIDI経由で同期させる方法を紹介します。この記事ではCubase(ホスト)→Ableton Live(クライアント)で接続します。

CubaseとAbleton Liveの同期方法

CubaseAbleton Linkに対応していないので、RewireMIDI経由で同期することになります。

RewireだとCubaseLiveどちらから再生しても同期しますが、MIDIで同期する場合は、ホスト側の再生に同期させる形になるので、Liveからは再生できません。

ただ、Rewireで使えなかったVST/AUプラグインが使えるので一長一短です。

Macの設定

はじめに、IACドライバ仮想MIDIポートを作成します。

IACドライバを使用すると、同じPC上のアプリケーション間でMIDIをやりとりできるようになります

以下の手順でIACドライバを有効にします。

1. アプリケーション > ユーティリティ > Audio MIDI設定.appを開きます。

2. メニューバー > ウインドウ > から MIDIスタジオを表示 します。

3. IACドライバをダブルクリックして IACドライバのプロパティを開きます。

4. 装置はオンライン にチェックを入れ、ポートの+ボタンを押して IACバス1を作成します。

IACバスは任意の数だけ作成でき、名前も変更できます。

以上でMacの設定は終わりです。次はDAWの設定に移ります。

Cubase(ホスト)の設定

1. Cubaseを起動したら、トランスポート > プロジェクト同期設定 を開きます。

Cubase画面下のトランスポートバー右端の歯車「トランスポートを設定」を開いて、外部同期を有効化にチェックを入れ、外部同期を有効化ボタンを表示させます。

外部同期を有効化On Offボタンと、同期設定のボタンが表示されます。

2. プロジェクト同期設定ソースタブ タイムコードソース内部タイムコードにします。

※ 内部タイムコードを選択すると、Cubase はプロジェクトの設定パラメーターやタイムラインに従ったタイムコード信号を生成します。

3. プロジェクト同期設定Send先タブ MIDI クロック出力先MTC 出力先IACバスにチェックを入れて設定します。クロック設定/MTC設定プロジェクトに追従させるにチェックを入れると、Cubaesのループ再生に追従してくれます。

Ableton LiveMIDIクロックMTCどちらも受信することができるので好きな方を選びましょう。

※ MTC(MIDI Timecode)を出力する場合はロケーション情報(ポジション)しか出力しないので、再生速度を同期させるには、Ableton Liveでテンポとフレームレートを手動でCubaseのプロジェクト設定に合わせる必要があります。

※ MIDIクロックはロケーション情報(ポジション)と速度(テンポ)を送信しますが、クロックが不安定だとテンポに揺れが発生します。

以上でCubaseからMIDIを送信する設定は終わりです。次はAbleton LiveでMIDIを受信できるように設定します。

Ableton Live(クライアント)の設定

1. Liveを起動したら、メニューバー Live > 環境設定 を開きます。

2. MIDIタブのMIDI Portsから CubaseのSend先で設定した IACバスInput同期をチェックします。

3. In: IAC ドライバ (IACバス1)の左の▶を押して、同期タイプから MTC(MIDI Timecode)MIDI Clockを選択します。※CubaseのSend先で設定した方を選択します。

MTC(MIDI Timecode)を選択した場合は、Cubaseプロジェクト設定(プロジェクト > プロジェクト設定)からフレームレートを確認して、MTCフレームレートを合わせます。あと、プロジェクトのテンポも確認して合わせておきます。

4. Liveの外部同期スイッチを押して、外部同期を有効にします。

以上で、LiveでMIDIを受信する設定は終わりです。あとは、Cubaseで再生すれば同期します。

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました