スポンサーリンク

FaderPort(2018)をCubaseで使う方法

DAW

フィジカルコントローラーのなかにムービングフェーダーというモーター付きフェーダーがあります。DAWのフェーダー位置に合わせて自動で動くフェーダーです。

自宅で作曲からミックスまで行うDTMユーザーには、低価格でコンパクトなフェーダーが1つのみ付いたフィジカルコントローラーをオススメします。

今回はPreSonusのFaderPort(2018)をCubaseで使用する方法を紹介します。

結論を先にお伝えすると、Cubaseではあまりオススメしません。
Pro toolsで使用する分には十分使えると思います。

やはり、PreSonus製なのでStudio One用といった感じです。

ムービングフェーダーの使い方

フェーダーが8つ以上ある場合だとトラックやステムのボリュームのバランス調整などに便利ですが、ひとつの場合は主にボリュームオートメーションに使えます。

ボーカルなどの細かいオートメーションを書く場合は、マウスよりも指先で細かく動かせるタッチセンサー付きのムービングフェーダーが便利です。

PreSonus – FaderPort(2018)

FaderPortシリーズとして3つの製品が発売されています。

 FaderPortFaderPort 8FaderPort 16
価格¥28,600¥82,500¥132,000
USB端子USB2.0USB2.0USB2.0
フットスイッチ入力1(スタート/ストップ用)1(スタート/ストップ用)1(スタート/ストップ用)
フェーダー100mmロングスロー、
タッチセンシティブ、
デュアルサーボ・モーター・
フェーダー x1
100mmロングスロー、
タッチセンシティブ、
デュアルサーボ・モーター・
フェーダー x8
100mmロングスロー、
タッチセンシティブ、
デュアルサーボ・モーター・
フェーダー x16
フェーダー
解像度
10-bit、1,024ステップ10-bit、1,024ステップ10-bit、1,024ステップ
フェーダー
追加機能
パンプラグイン編集、
バス・センド、パン
プラグイン編集、
バス・センド、パン
収録ソフトウェアStudio One ArtistStudio One ArtistStudio One Artist
電源12V DC 2A電源アダプター付属12V DC 2A電源アダプター付属12V DC 2A電源アダプター付属
140mm334mm497.84mm
奥行230mm301mm302.26mm
高さ44.45mm57.2mm53.59mm
重量0.68kg2.3kg3.63kg
購入











FaderPort(2018)をCubaseで使用する

cubase faderport2018 設定

まず、FaderPortCubase / Nuendo (MCU)モードにする必要があります。

1. FaderPortの「Next」ボタンを押しながら電源スイッチを入れます。(起動するまで時間がかかるので1秒ぐらいでNextボタンを離しても大丈夫です)

2. 成功すると、上部の「Solo」「Mute」「Arm」「Bypass」「Touchボタンが点滅します。それぞれ違うDAWモードが割り当てられているので、Cubaseの場合は「Bypass」ボタンを押します。

3. FaderPortが接続されたら、Cubaseを起動します。

4. スタジオ > 「スタジオ設定」から デバイスを追加を押して 「Mackie Control」を選択します。

5. デバイスにMackie Controlが追加されるので、「Mackie Control」の「MIDI入力」「MIDI出力」を両方とも「PreSonus FP2」に選択し、「適用」を押して「OK」で閉じます。

6. スタジオ > 「その他のオプション」> 「Mackie Control」から 「Compatibility」を選択します。

以上で、FaderPortをCubaseで使用できるようになります。

Cubaseでの不満点

Session Navigator

cubase faderport2018 動作

まず、8チャンネルをバンクとして制御しますが、バンク内のトラックはマウスでクリックしてもフェーダーが連動しますが、バンク外のトラックをマウスでクリックしてもフェーダーは連動しません。フェーダーを連動させたい場合、ダイヤルか「Prev」「Next」ボタンでバンクを移動する必要があります。トラック数が多く、遠く離れたトラックをコントロールしたい場合にバンク移動に時間がかかり、苦になります。

Pro Toolsの場合は、バンク移動のショートカットキーがあるのでそれほど苦ではありません。

Transport Controls

トランスポートの play / pausepauseのみ利用不可なので、play / pause で再生した後は隣の stop ボタンでしか停止できません。

Automation Controls

オートメーション関連では、「Touch(Latch)」「Write」「Read」の3つのボタンが付いていますが、Cubaseでは「Touch(Latch)」ボタンが利用不可です

あと、Cubaseのオートメーションが「タッチ」「オートラッチ」「クロスオーバー」と少し特殊なので3つのボタンと相性が悪いです。

まとめ

個人的にはムービングフェーダーでオートメーションを書ければ満足なので、フィジカルコントローラーの部分は動かなくても問題ないのですが、Cubaseの場合はバンク移動のショートカットキーがないのでバンク移動が大きなネックになります。(※私がショートカットキーを知らないだけかもしれません。知っている方がいれば教えて下さい)

フィジカルコントローラー部分も一緒に使用したいユーザーには、対応していないボタンが多いのでオススメしません。キーボードショートカットを覚えたほうが圧倒的に作業が速いです。

ですので、とりあえずムービングフェーダーだけ使えれば良いというユーザーや、他のDAWも使用しているユーザーにはコンパクトなタッチセンサー付きムービングフェーダーを一つ持っていると便利だと思います。

スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました