Arturia Efx FRAGMENTSのレビュー

DTMReview

Efx FRAGMENTSは、グラニュラーFXプラグインです。オーディオを分割、再配置することによってクリエイティブなサウンドを作ることができます。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

Efx FRAGMENTS

Efx FRAGMENTSは、クリエイティブなサウンドリシェイパーです。グラニュラープロセッシングにより、あらゆるサウンドを分割、変換、再構築できます。グリッチなスタッター、きめが粗いステレオアンビエンス、実験的なテクスチャなど、あらゆるプロジェクトを即座に向上させます。

まず、Efx FRAGMENTSはグラニュラーシンセシスを用いたエフェクトです。元のサウンドを細かくスライスしたグレインと呼ばれる粒に切り刻みます。この細かなグレインを配置したり、加工することによってリズミックなものや、グリッチ、スタッターのようなサウンドに変化させます。

中央上部の波形ディスプレイのような画面がバッファです。オーディオトラックやインストゥルメントトラックからの信号を一旦バッファに入れ、それを元に加工します。バッファの長さは DAWのテンポに同期し、1/8barから4barsまで選択できます(最長16秒)。

最初に設定するのが、画面左下の GRAIN CAPTUREです。理解するまでややこしいのですが、バッファされた音の再生ヘッドを決めます。バッファ画面の白の波形がスキャンされたバッファです。黄色の長い線がグレインの位置です。短く多くある黄色の線が個々のグレインです。

この GRAIN CAPTUREには、Speed、Offset、Manual Scanの3つのモードがあり、再生ヘッドのスピード変更、逆再生、時間差、位置を手動で調整するなど、様々な方法でオーディオをグレインに変換する設定ができます。

次はメインの部分である GRAIN RELEASEを設定します。グレインをどのタイミングで鳴らすかの調節です。GRAIN RELEASEにも3つのモードがあり、Classic、Texture、Rhythmicと用途に合わせて選択できます。

GRAIN RELEASEの設定は画面右上のAdvancedボタンからAdvancedパネルを表示させておくと、3Dビジュアライザーでグレインの挙動を視覚的に確認しながら設定できます。

基本的にはグレインの鳴らすタイミング、長さ、ピッチを調整でき、各ノブの黄色のバーで値をランダムに変化させることができます。

画面右にはパニングと2つのエフェクトスロットがあります。パニングは9種類から選択でき、x軸だけでなく、y軸にも動くスペイシャライザーもあります。エフェクトはMulti Filter、Distortion、Compressor、Delay、Pitch-Shift Delay、Tape Echo、Chorus、Flanger、Reverbの9種類から選択できます。

最後にAdvancedパネルの下部にモジュレーションが用意されており、ほぼすべてのパラメーターに割り当てることができます。ここには2つのマクロ、3つのファンクションジェネレーター、エンベロープフォワード、ステップシーケンサーがあります。

プリセットを少しイジるだけでも単調なシンセが驚くほど変わるので、使いこなせればかなり役立つプラグインです。シンセだけではなくボーカルやギターなどにも使えるので、アレンジに困っているユーザーは、アイデアを得るためだったり、ここぞというときのアクセントに使用してみてはいかがでしょうか。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
   
タイトルとURLをコピーしました