Blue Cat Audio – Blue Cat’s PatchWorkのレビュー

DTMReview

Blue Cat AudioからバーチャルパッチベイのBlue Cat’s PatchWorkがリリースされています。Blue Cat’s PatchWorkを使えば、Pro ToolsでVST3やAUプラグインが使えたり、柔軟なプラグインのルーティングが可能になります。

Blue Cat’s PatchWork
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

Blue Cat’s PatchWork

Blue Cat’s PatchWork は、プラグインパッチベイおよびマルチ FX であり、直列および並列のルーティング両方を備えたインスタンスで、任意の DAW に最大 64 個の VST、VST3、AU、またはビルトイン プラグインをホストできます。

使い方は、単純にAAXプラグインが用意されていないプラグインを Blue Cat’s PatchWork を使って無理矢理VST3やAUプラグインを読み込むことができます。インターフェースも表示させるものを選べるので、コンパクトにできます。

行(Column)と列(Row)は1から8まで選ぶことができ、最大8×8=64個のプラグインを使うことができます。

2行にすると、直列のPre Pluginスロットと直列のPost Pluginスロットに分かれます。3行以上は真ん中が並列処理のプラグインチェインになります。ということで、柔軟なエフェクト処理をしたい場合などにも Blue Cat’s PatchWork は便利です。

あとは、最近のDAWはプラグインチェーンが保存できるようになっていますが、Blue Cat’s PatchWorkにも素材ごとにエフェクトチェーンを保存して、簡単に呼び出すことができます。

DAWによってはインサートできるプラグインの数が限られているので、足りなくなった場合も Blue Cat’s PatchWork を使えば、無駄にトラックを増やすことなく好きなだけプラグインを挿入できます。

もうひとつ、マクロコントールで複数のプラグインのパラメーターをコントールできます。LEARN機能が付いているので、簡単にコントールするパラメーターを指定できます。

ということで、いろいろな可能性を感じるツールになっています。あまり他にはない面白いプラグインなので、持っておきたいツールのひとつです。プラグインとの相性もあるので、すべてのプラグインが使えるわけではないと思いますが、一度試してみてはいかがでしょうか。

Blue Cat’s PatchWork

“Blue Cat’s PatchWork is a universal plug-ins patch bay that can host up to 64 VST, VST3, Audio Unit or built-in plug-ins into any Digital Audio Workstation (DAW) in one instance.”

   
タイトルとURLをコピーしました