コンプレッサープラグインはSonnox Oxford Dynamicsでほぼ補える

oxford_dynamics_featured_image
DTM

DTMでミックス時に必ずと言っていいほど使用するコンプレッサープラグイン。コンプレッサーは非常に多くのVSTエフェクトが存在します。そんな中で最初の候補におすすめなのがsonnox oxford dynamicsです。Sonnox Oxford Dynamicsはゲート、エキスパンダー、コンプレッサー、リミッターなど、これひとつでダイナミック系のプラグインが補えます。そんな Sonnox Oxford Dynamics の使い方について説明します。

Sonnox Oxford Dynamicsとは

Sonnox Oxford DynamicsはSONYのデジタルコンソール OXF-R3 エミュレーションしたものです。このプラグインひとつでコンプレッサー、リミッター、エキスパンダー、ゲート、サイドチェーンEQ、チューブサチュレーション機能がついています。

Sonnox Oxford Dynamicsの共通機能

ACCESSボタンでそのセクションのコントロール画面が表示されます。
INボタンでそのセクションのエフェクトオン・オフを切り替えます。
各セクションに16bit 24bitDITHERがついています。
AAXバージョンは必要な機能のみ選べ、CPUの節約になります。

Sonnox Oxford Dynamics 画面

Sonnox Oxford Dynamics


oxford dynamics aax

oxford dynamics aax

Compressorの使い方

oxford dynamics compressor

oxford dynamics compressor

一般的なパラメータの他にHoldソフトニーの機能がついています。

THRESHOLD : 圧縮が開始されるレベル(dB FS)を設定
MAKE-UP : 最大24dBまで圧縮で失われたレベルを上げられる
RATIO : 1:1 からLimitの範囲でスレッショルドレベルを超えたときの圧縮比率
COMP KNEE : -5dB、-10dB、-15dB、-20dBのソフトニーを設定
ATTACK : 519μs – 52ms の範囲で設定
RELEASE : 52ms – 3.1s の範囲で設定
HOLD :10ms – 30s の範囲で設定
COMP TYPE : NOMAL、CLASSIC、 LINEARの三種類
NOMAL : 汎用チャンネルコンプレッサー
CLASSIC : NORMALタイプのサブセットで、タイミング制御が固定 (dbx 160タイプの固定値)
LINEAR :Linear/dB timingでNOMALよりもタイミング制御と素材の影響をはるかに受ける
KEY INPUT : 外部サイドチェインのオン・オフ

LIMITERの使い方

sonnox oxford dynamics limiter

sonnox oxford dynamics limiter

アタックタイムはコンプレッサーよりも速くなるように調整できます。


THRESHOLD : 圧縮が開始されるレベル(dB FS)を設定
ATTACK : 100μs – 500ms の範囲で設定
RELEASE : 100ms – 10s の範囲で設定
HOLD : 50ms – 30s の範囲で設定

EXPANDERの使い方

sonnox oxford dynamics expander

sonnox oxford dynamics expander

THRESHOLD : エキスパンダーがアクティブになるレベル(dB FS)を設定
RANGE : 0 – -80dB (エキスパンダーによる減衰の下限を設定)
RATIO : 1:1 – 16:1 (スレッショルドを下回る信号の圧縮比率)
ATTACK : 0.26ms – 104ms の範囲で設定
RELEASE : 7.8ms – 519ms の範囲で設定
HOLD : 10ms – 10S の範囲で設定

GATEの使い方

sonnox oxford dynamics gate

oxford dynamics gate

アタックタイムはエキスパンダーよりも速くなるように調整できます。

THRESHOLD : 設定された値を下回る信号はカットされ、これを超える信号のみが出力される
RANGE : 0 – -80dB (ゲートによる減衰の下限を設定)
ATTACK : 5μs – 26ms の範囲で設定
RELEASE : 7.8ms – 519ms の範囲で設定
HOLD : 10ms – 10S の範囲で設定

Sidechain EQの使い方

oxford dynamics side chain EQ

oxford dynamics side chain EQ

LF FREQ : 20Hz to 1kHz の範囲で設定
HF FREQ : 500Hz to 20kHz の範囲で設定
LF GAIN and HF GAIN : -20dB to 20dB の範囲で設定
LF Q and HF Q : 0.5 to 16 の範囲で設定
LF SHELF and HF SHELF : シェルフに切り替え
EQ SIGNAL : EQ処理をメイン信号パスにルーティング
EQ SIDE-CHAIN : EQ処理をサイドチェーンにルーティング
INPUT GAIN : 0 to -20dB (ブースト設定時のEQクリッピングを回避)

WARMTHの使い方

oxford dynamics warmth

oxford dynamics warmth

AMOUNT : 0 to 100% (チューブサチュレーションを足し、パンチを与える)
MAX TRIM : -0.1 to 0.1 (ダイナミクス処理の最終出力で非常に細かいゲイントリミング)

まとめ

Sonnox Oxford Dynamics はダイナミック系のプラグインがひとつにまとまっており、ミックスの最初に手に取るvstプラグインにおすすめです。コンプレッサーにはHold機能とソフトニーが付いており、柔軟に対応できます。各素材を Sonnox Oxford Dynamics で修正してから、色付けに他のアナログモデリングコンプレッサーを挿すなどの使い方もできます。各セクションでインターフェイスが同じなので使いやすいです。

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました