Ableton Liveでファイルが見つからないとき

Ableton Live

Ableton Liveは、 楽曲が出来てから ファイル > すべてを集めて保存 しないとプロジェクトフォルダにサンプルなどのオーディオファイルがコピーされない仕様です。これを知らないと、後からプロジェクトを開いたときに、オーディオファイルが見つからなくて困ることがあります。

ファイルが見つからないとき

プロジェクトを開いて、不明なメディアファイルがある場合は、画面一番下のステータスバーに 「メディアファイルが不明です」というアラートが表示されます。

アラートをクリックすると、不明なメディアファイルという画面がウィンドウ右側に表示されます。

サンプルが保存してありそうなフォルダを設定して、自動検索をかけます。ファイルが見つかると置き換えられます。

どうしても見つからない場合は、代わりのオーディオファイルを不明なメディアファイルの一覧にドラッグ&ドロップすると置き換えてくれます。

まとめ

ということで、ファイルが見つからなくても対処はできますが、プロジェクトが一段落したら、ファイル > すべてを集めて保存 するようにしましょう。

DTMDays
   
タイトルとURLをコピーしました