PR

Arturia Pigments 4のレビュー

-レビュー -, ,

Arturia から Pigments の最新版 Pigments 4 がリリースされています。Pigments は、ミックスに最適な最新のプリセットからディープなカスタムサウンドデザインまで、あらゆるサウンドを作成するパワーを備えたソフトシンセです。

Pigments 4
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

Pigments 4

Pigments 4 は、これまでで最もパワフルで柔軟なバーチャルインストゥルメントです。アナログ、サンプル、ウェーブテーブル、ハーモニック、ユーティリティといった様々なシンセシスを組み合わせることができ、強力なシーケンサー、オーディオ FX を備えた直感的なモジュレーション マトリックスを追加すると、無限のクリエイティブな可能性を秘めたツールが手に入ります。

arturia-pigments-4-02

ユーザーインターフェースはモダンでスタイリッシュです。見やすく、操作性も良いので、直感的に使うことができます。

プリセットは中央上のプリセットネームが表示されている場所から簡易的にも選べますが、プリセットネーム左のプリセットブラウザボタンから、詳細な絞り込みや、プリセットにカラータグを付けることが出来たり、色々便利です。

arturia-pigments-preset
arturia-pigments-Preset browser button

オシレーターは、独立した ENGINE 2 基と UTILITY ENGINE の3つの組み合わでサウンドを作ります。ENGINE はそれぞれ、Analog、Wavetable、Sample、Harmonic から選ぶことが出来ます。

arturia-pigments-4-engine

UTILITY ENGINE にはノイズと Analog オシレーターがあるので、組み合わせて色々なサウンドをつくることが出来ます。

arturia-pigments-4-utility engine
arturia-pigments-4-filter

フィルターは、11種類と豊富です。Pigments独自のフィルターもあれば、MS-20、SEM、Matrix 12、Mini、Jup-8 など、有名なフィルターをモデルにしているものもあります。

Formantフィルターのような、面白いフィルターも備わっています。

モジュレーションは、ほぼすべてのつまみに簡単に設定できます。モジュレーションソースもかなり豊富です。左から Velocity、Aftertouch、Mod Wheel、Keybord、Envelope x3、LFO x3、 Functions x3、Random x3、Combinate x3 と多いです。設定してあるモジュレーションもひと目で分かるようになってます。それに、マクロも 4つ用意されています。

FXやアルペジエーター/シーケンサーは、画面の右上から開きます。シーケンサーはシンプルですが、それぞれDIVIDERを別のレートに設定すると進み方がズレていくので、面白いです。

arturia-pigments-4-Sequencer

必要なものが全て揃っていて、思ったことを簡単にできる、美しいユーザーインターフェースを持ったソフトシンセです。初心者にもかなり使いやすいシンセだと思いますし、ほぼ無限のモジュレーションで深くサウンドも作れます。全てのユーザーにオススメできるソフトシンセになっています。

Pigments 4
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック