スポンサーリンク

Auto-Tune ProがCubaseで消える問題

DAW

Cubaseは起動時にプラグインをスキャンしますが、Auto-Tune ProVST3 64bitにも関わらずブロックリスト(Blocklist)に登録されてしまうバグがあります。この問題の解決方法を解説します。

※Cubase 9以降、Cubase 10.5.10以前のバージョンでは「ブラックリスト」で、Cubase 10.5.20以降のバージョンでは、「ブロックリスト」です。

不具合の症状

Auto-Tune Proがインストールされているにも関わらず、プラグインを使用しようとするときに、プラグインがそもそも見つかりません。

不具合の原因

他のDAWでも試しましたが問題なかったので、Cubase特有の症状だとおもいます。Cubaseは、 9以降に32bitプラグインを廃止しました。そしてプラグインセンチネル機能を追加したので、それが原因かと思います。

プラグインセンチネル機能はCubase 9 以降に搭載され、安定性に影響を及ぼす可能性のあるプラグインを起動時に検出し、使用できなくすることで、安定性を確保する機能です。

Auto-Tune Proがブロックリストに入ってしまう解決法

  1. Cubase メニューバーから 「スタジオ」 > 「VST プラグインマネージャー」を開きます。
  2. 画面左下の「i」をクリックして、VSTプラグイン情報欄を表示させます。
  3. 「ブロックリスト」タブからプラグインを選択して、下のプラグイン情報欄から「再アクティベート」をクリックします。
Cubase VST プラグインマネージャー ブロックリスト

Cubase VST プラグインマネージャー ブロックリスト

4. 警告画面が表示されますが、「再アクティベート」をクリックして進みます。

Cubase VST プラグインマネージャー 警告画面

Cubase VST プラグインマネージャー 警告画面

これでAuto-Tune Proが使用出来るようになります。
VSTプラグインマネージャーの画面には、「再アクティベート」と、赤色の文字で表示され続けますが、我慢するしかありません。

Cubase VST プラグインマネージャー  (再アクティベート)

Cubase VST プラグインマネージャー (再アクティベート)

プラグインをブロックリストから戻して、なにか不具合が出た場合は、「VST プラグインマネージャー」の検索窓右の「すべてのプラグインフォルダーを再スキャン」ボタンをクリックで再びブロックリストに戻すことができます。

VST プラグインマネージャー 再スキャン

VST プラグインマネージャー 再スキャン

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → Auto-Tune Pro
PluginFox → Auto-Tune Pro
サウンドハウス → Auto-Tune Pro
Rock oN → Auto-Tune Pro
Amazon → Auto-Tune Pro

スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました