オススメのベースアンププラグイン

DTM

ベースアンププラグインは、リアルタイムでレコーディング出来るアンプシミュレーターにもなりますし、ライントラックに挿入すればベースアンプ音になります。また、ベースアンプトラックに挿入して音をさらに強化することもできます。今回はそんなベースアンプのオススメのVSTプラグインを紹介します。

オススメのベースアンププラグイン

Plugin Alliance – Ampeg B-15N

Ampeg B-15N

Ampeg B-15N

Ampeg B-15Nは、AmpegのベースアンプHeritage B-15Nチューブアンプのエミュレーションプラグインです。幅広いジャンルに使える60年代のベースアンプです。2つの異なるプリアンプサーキットを再現しており、1964年の25W、カソードバイアスと1966年の30W、固定バイアスの2つから選択できます。UAD版はUnison対応でかけ撮りできます。

  • Ampegによる承認
  • 1964と1966の2つの異なるサーキットから選択可能
  • Baxandall BASS、TREBLEコントロール
  • FX Rackコントロールでノイズゲート、フィルター、パワーソーク、ホーン機能
  • マイク、キャビネットのレコーディングチェインを選択可能

[購入]
Plugin Alliance → Ampeg B-15N
UAD → Ampeg B-15N Bass Amplifier

Plugin Alliance – Ampeg SVT-VR

Ampeg SVT-VR

Ampeg SVT-VR

Ampeg SVT-VRは、AmpegのベースアンプSVT-VRチューブアンプのエミュレーションプラグインです。SVT-VRは300Wのパワフルで重厚なトーンを持った有名なベースアンプです。ロックから幅広いジャンルに使用できます。UAD版はUnison対応でかけ撮りできます。

  • Ampegによる承認
  • Ultra HiとUltra Loスイッチによる低周波、高周波強化
  • 1・2・3スイッチで220Hz、800Hz、3kからミッドレンジ周波数を選択可能
  • FX Rackコントロールでノイズゲート、フィルター、パワーソーク、ホーン機能
  • マイク、キャビネットのレコーディングチェインを選択可能

[購入]
Plugin Alliance → Ampeg SVT-VR
UAD → Ampeg SVT-VR Bass Amplifier

Plugin Alliance – Ampeg SVT-3 PRO

Ampeg SVT-3 PRO

Ampeg SVT-3 PRO

Ampeg SVT-3PROは、AmpegのベースアンプSVT-3PROのエミュレーションプラグインです。クラシックなSVTのサウンドを、よりタイトでモダンなサウンドにできるコントロールが備わっています。プリアンプは真空管で、パワーアンプはソリッドステートという構造になっており、コントロール部分もミッドレンジの選択肢が増え、チューブ・プリアンプのゲインをコントロールできます。UAD版はUnison対応でかけ撮りできます。

  • Ampegによる承認
  • HiとLoスイッチによる低周波、高周波強化
  • 5種類のミッドレンジ周波数と9バンドのグラフィックEQ
  • チューブ・プリアンプのゲインコントロール
  • FX Rackコントロールでノイズゲート、フィルター、パワーソーク、ホーン機能
  • マイク、キャビネットのレコーディングチェインを選択可能

[購入]
Plugin Alliance → Ampeg SVT-3PRO
UAD → Ampeg SVT-3 PRO Bass Amplifier

まとめ

ベースアンププラグインは元のサウンドに問題があったり、気に入らなかったりする場合に役立ちます。またD.Iトラックがあれば自由にサウンドを作ることができます。

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました