スポンサーリンク

Black Salt Audio Oxygenのレビュー

DTMReview

Black Salt Audioからミックス内のトラックの高周波数を制御、強化できるプラグイン「Oxygen」がリリースされています。Oxygenは独自のプロセスを使用して、あらゆる信号にシルキーで滑らかなトップエンドを追加できるプロセッサーです。

OXYGEN | Breathe New Life Into Your Mixes
[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

Oxygen

Oxygen_BITE
Oxygen_PRESENCE
Oxygen_AIR
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

Oxygenはコンプレッション、テープサチュレーション、ステレオエンハンスメント、イコライゼーションを組み合わせて、トップエンドを強化するエンハンサー系のプラグインです。

OxygenにはBITEPRESENCEAIR の3つのタイプがあり、それぞれ違うカットオフ値のクロスオーバーフィルターによって定義されています。この3つのタイプからの選択がサウンドの質を決める重要な要素になります。

Oxygenの左側は高域で動作することを目的とした、2つのモードのビルトインコンプレッサーがあり、PUNCHモードはサウンドに多くの重みとアタックを追加します。SMOOTHモードは全体的に柔らかなダイナミックレスポンスを提供し、ウォーム周波数をブーストします。

Oxygenの右側は SATURATIONWIDTHが付いています。
サチュレーションコントロールにより、テープサチュレーションのようなリッチでウォームなキャラクターを追加することができます。

Oxygenのステレオバージョンを使用すると、WIDTHでトラックの高域を広げることができます。この機能はステレオバスなどでうまく機能し、追加の幅ときらめきを与えます。

真ん中のOxygenノブで処理されたハイエンドのブレンド具合をコントロールできます。

プリセットは選択してから閉じるまでクリックが多く必要で、少し使いにくい印象です。
プラグイン自体は通常のエンハンサーと比べると、独自のコンプレッサーやサチュレーション、ステレオエンハンサーなどの色々なコントロールが付いているので、やれることが多いです。通常のエンハンサーで物足りない場合や、うまく行かない場合に試してみるといいかもしれません。もちろん最初に使用する選択肢に入れても問題ないエンハンサープラグインです。一度試してみてはいかがでしょうか。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました