Cherry Audio Mercury-6のレビュー

Review

Cherry Audio から Roland Jupiter-6 をエミュレートしたプラグイン、Mercury-6 がリリースされています。 Jupiter-6 は、フラッグシップ機で8ボイスのJupiter-8 のわずかに手頃なバージョンとして販売された6ボイスのシンセサイザーです。

Cherry Audio - Mercury-6
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

Mercury-6

Mercury-6 は、1983年に最初にリリースされた Jupiter-6 アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーを最新の注意を払って再現されたエミュレーションプラグインです。Jupiter-6 は 24dB/oct ローパス、24dB/oct ハイパス、または12dB/oct バンドパスモードを備えたマルチモードフィルターを持っていました。このフィルターは以前の Roland ポリシンセよりもアグレッシブなサウンドを持っていたため、Jupiter-6 は最先端のテクノやエレクトロ スタイルに自然に溶け込みました。Mercury-6 は、この貴重なポリフォニック・シンセサイザーの優れた点をすべて捉え、DAW 制作とワークフローのための機能セットを強化しています。

Cherry-Audio-Jupiter-6-01
  • レイヤーごとに16のポリフォニックボイスを備えたデュアルレイヤーボイシングアーキテクチャ
  • シングル、スタックレイヤー、スプリットの3種類のモード
  • 2x VCO: Triangle, Saw, Pulse, Square, Noise
  • 1x VCF: 24dB/oct ローパス、24dB/oct ハイパス、12dB/oct バンドパスから選択
  • 2x エンベロープ
  • 2x テンポ同期可能なLFO
  • クロスモジュレーション
  • ポルタメントとグリッサンドモード
  • アルペジオセクション
  • ポリフォニック・ユニゾン・モード
  • 本物のアナログ特性のためのドリフト制御
  • 500を超えるプリセット
  • ディストーション、4/8/12ステージのフェイザー、フランジャー/コーラス、ディレイ、リバーブ

見た目はオリジナルのJupiter-6とほぼ同じです。つまみが細かくて多いですが、Cherry Audio のバーチャルインストゥルメントにはツールバーの Focus ボタンで、2倍に拡大できる機能があるので使いづらさはないです。

Cherry-Audio-Jupiter-6-02

VCOは、VCO-1 と VCO-2 の2つです。波形は、Triangle、Saw、Pulse、Square、Noise ですが、複数選択できるのが特徴です。クロスモジュレーション機能でVCO-2をモジュレーションソースとしても使えます。オシレーターのSYNC機能もありますね。

Cherry-Audio-Jupiter-6-03

VCFは、24dB/oct ローパス、24dB/oct ハイパス、または 12dB/oct バンドパス モードのマルチモード フィルターで構成されています。エンベロープやLFOを使ってカットオフ周波数をモジュレーションできるようになっています。

Cherry-Audio-Jupiter-6-04

エンベロープは2つあります。ENV-1が主にフィルターのカットオフ周波数用で、ENV-2は、アンプのエンベロープです。VELは追加機能で、MIDIキーボードの感度を上げて、軽く弾くと電圧も低くなります。

Cherry-Audio-Jupiter-6-05

LFOも2つあります。LFO-1 は波形を選択する通常のLFOですが、LFO-2は、左下のピッチベンダー付近にある演奏用のLFOですね。ボタンが付いていて、押している間モジュレーションが有効になります。Mercury-6 では、常にONにできる機能が追加されています。

Cherry-Audio-Jupiter-6-06

ピッチベンダーもVCO(ピッチ)、VCF(カットオフ周波数)、VCA(ボリューム)を設定できるので、演奏していて楽しいシンセでもあります。

ということでMercury-6 は、Jupiter-6の再現と使いやすいように強化されたバーチャルインストゥルメントになっています。Cherry Audio のシンセは評判も良く、お手頃な価格のものが多いので是非使ってみて欲しいメーカーです。

Cherry Audio - Mercury-6
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック
   
タイトルとURLをコピーしました