Universal Audio API 2500 Bus Compressorのレビュー

Review

Universal Audio から API 2500 Bus Compressor がリリースされています。API のフラッグシップコンプレッサーのエミュレーションプラグインですが、Universal Audio のエミュレーションプラグインは高い人気と評価を得ています。

API 2500 Bus Compressor
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

API 2500 Bus Compressor

API 2500 Bus Compressor は、API のステレオバスハードウェアコンプレッサーのエミュレーションプラグインです。Universal Audio によってThrust をはじめとするすべてのディスクリートサーキット、API のカスタムトランス、2510と2520オペアンプが正確にキャプチャーされています。

UAD Native バージョンが含まれていて、Universal Audio ハードウェアがなくてもMacやPCで動作するので使いやすくなっています。

Universal_Audio-API_2500_Bus_Compressor-01

タイプとしてはVCAタイプのバスコンプで、パートごとのステムやステレオバスに使用することで、まとまりや独自のカラーを出すことができます。

  • VCAタイプのステレオバスコンプレッサー
  • アタックは7種類の固定値から選択可能
  • リリースは6種類の固定値、50ms〜3sの可変値から選択可能
  • レシオは 1.5、2、3、4、6、10、∞ : 1 から選択可能
  • 3種類のトーン・コントロール機能
  • リンク・コントロール機能
  • オートゲイン機能
  • Dry/Wet コントロール

特徴的なのは、トーンセクションですね。スレッショルド・ニーの設定に、特許取得済みサーキットの Thrust で低域のパンチを維持したり、タイプからフィードフォワードとフィードバックを切り替えることができます。

Universal_Audio-API_2500_Bus_Compressor-03
Universal_Audio-API_2500_Bus_Compressor-02

ステレオコンプなのでリンクのコントロールで、コンプレッション量を左右同じ量にするか、コンプレッションの発生を左右独立させるか、コンプレッション量を左右でミックスさせるか、ステレオフィールド内の動きを細かに調整できます。

ということで有名なコンプレッサーのエミュレーションなのですが、Universal Audio はエミュレーションプラグインの信頼度も人気も高いのでオススメのメーカーです。API 2500 Bus Compressor は Native バージョンが含まれていて、Universal Audio ハードウェアがなくてもMacやPCで動作するので是非使ってみてはいかがでしょうか。

API 2500 Bus Compressor
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

   
タイトルとURLをコピーしました