PR

MeldaProduction MAutoVolumeのレビュー

featuredimage-meldaproduction-mautovolume

-レビュー -, , ,

MAutoVolumeは、ボーカルや楽器の音量を自動で調整し、ミックス内で一貫したレベルを保つことができるレベラープラグインです。この記事では、MAutoVolumeの特徴、機能、使い方を詳しく解説します。

お知らせ:現在、MeldaProductionはCreative FXセール中を開催中です。MeldaProduction の 4 つの優れたエフェクト プラグインが最大 65% オフで手に入ります。このチャンスを活用し、高品質な音楽制作ツールを手に入れましょう。詳細はこちらをご覧ください。

MAutoVolume
MeldaProduction → 価格をチェック
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック
ADSR Sounds → 価格をチェック
PluginFox → 価格をチェック

MAutoVolumeの概要

MAutoVolumeは、MeldaProductionが提供する自動ゲインライディングプラグインです。このプラグインはトラックのボリュームを自動的に調整し、ミックス内で一貫したレベルを保ちます。これにより、ボーカルやベースが他のトラックに埋もれることなく、常に目立つようになります。

meldaproduction mautovolumeのインターフェース

MAutoVolumeの特徴

  • 自動音量調整: 複雑なコンプレッサー設定や手動のフェーダーオートメーションに代わり、簡単に音量を安定化
  • サイドチェイン機能: バックグラウンドの音量に応じてメイン信号のレベルを調整
  • ダッキングモード: バックグラウンドの音量が増加する際に入力音量を減少させるダッキングモード
  • 詳細なメーター表示: 各チャンネルごとに詳細なメーター表示を提供し、正確な音量管理をサポート
  • 高度なディテクターパラメータ: 音量を精密に測定するためのハイパス、ローパスフィルターなど
  • ノイズゲート: 入力信号がノイズフロア以下の場合の動作を制御

MAutoVolumeの使い方

1. 音量を安定させたいトラックのエフェクトチェーンにMAutoVolumeを挿入します。通常は最終段階のプラグインとして配置するのが最適です。

2. トラックが静かすぎる場合はINPUTを増加させ、逆に大きすぎる場合は減少させます。

3. SENSITIVITYを調整して、プラグインが音量をどの程度補正するかを設定します。SENSITIVITYを100%に設定すると、音量が最大限安定しますが、自然なダイナミクスが失われることがあります。必要に応じてSENSITIVITYを調整し、最も自然なサウンドを得るようにしましょう。

下記画像は、MAutoVolumeオフ時のボーカルトラックの音量変化です。

ボーカルトラックの生の波形
ボーカルトラックそのままのダイナミクス

SENSITIVITYを上げると、音量のバラツキが抑えられます。下記の画像はSENSITIVITYが50%の状態です。

meldaproduction-mautovolume sensitivity50%のダイナミクス
SENSITIVITY 50%のダイナミクス

SENSITIVITY 100%の状態では、音量はかなり一定になっています。好みに応じて調整しましょう。

meldaproduction-mautovolume sensitivity100%のダイナミクス

SENSITIVITY 100%のダイナミクス

4. OUTPUTを使って、プラグインが音量を安定化させた後の最終的な音量を調整します。

5. 必要に応じて、LOOK-AHEAD、SPEED、NOISE FLOOR、DETECTORなど高度なパラメーターを調整します。

パラメータ名説明
Look-ahead信号を事前に遅延させて、プラグインが実際の信号到達前に動的計算を行えるようにします。
Speedプラグインが音量変動に対してどれだけ早く反応するかを制御します。スピードが高すぎると歪みが発生する可能性があります。
Noise floor入力信号が無音と見なされるレベルを設定し、ノイズの増幅を防ぎます。
Detectorハイパス/ローパスフィルターを使用してディテクタ信号を前処理することで、正確な音量制御を実現できます。
Listenフィルタリングされた信号のみを試聴し、HP/LPフィルターの調整を容易にします。
Listen to sidechainサイドチェインからのフィルタリングされた信号のみを試聴し、HP/LPフィルターの調整を容易にします。
MAutovolumeの高度な設定

6. バックグラウンドの音量に応じてメイン信号のレベルを調整する場合は、SIDE-CHAINを有効にし、ミックスバスの出力をMAutoVolumeのサイドチェイン入力にルーティングします。次に、BG SENSITIVITYを調整してプラグインがサイドチェイン信号にどの程度反応するかを設定します。

meldaproduction mautovolume side-chainの有効化

下記の画像は、サイドチェインを有効、Seinsitivity50%、BG Sensitivity100%の設定です。サイドチェイン入力のレベルによってボーカルレベルが制御されます。

Seinsitivity50%、BG Sensitivity100%
Seinsitivity50%、BG Sensitivity100%

MAutoVolumeの使用感

MAutoVolumeでは、ターゲットボリュームを設定しない代わりに、SENSITIVITYでボリュームの安定度を調整し、その後OUTPUTで出力を設定します。DETECTORやADVANCEDの詳細なパラメーター調整により、自分好みのゲインコントロールが可能です。さらに、サイドチェイン機能を利用すれば、バックグラウンドミュージックに応じた音量バランスを実現可能です。


Vocal Riderとの比較

MAutoVolumeとWaves Vocal Riderは、自動ゲインライディングプラグインとして広く利用されています。両プラグインともサイドチェイン機能を備え、バックグラウンドミュージックに応じて自動的にゲインを調整します。MAutoVolumeは多機能で細かな調整が可能であり、プロフェッショナルなミックスや高度なオーディオプロダクションに最適です。

一方、Waves Vocal Riderはシンプルで使いやすいインターフェースが特徴で、ライブ環境やリアルタイム処理に優れています。また、自動ゲイン調整をDAWのオートメーションレーンに書き込む機能も備えています。

使用目的やニーズに応じて、最適なプラグインを選択することが重要です。

ユーザーレビューと評価

ボーカルを非常にきれいに前面に出すものを探していたところ、ボーカルのレベル調整に最初に使うプラグインとしてこのツールを見つけました。さまざまなソリューションを試しましたが、MAutoVolume がそのタスクに最適なツールであることがわかりました。このツールの後には、他のコンプレッサーをまったく使用しないこともあります。

Antonio Escobar

MeldaProduction
必需品です。使い始めてすぐに、これなしではやっていけないと分かりました。制作時間、特にボーカルのミキシングにかける時間が大幅に節約できます。すべてが非常に直感的で、プロ品質です。

PLEEG

MeldaProduction

まとめ

MAutovolumeは、自動ボリューム調整の分野で革新的なプラグインです。精度の高いボリューム調整機能により、音楽制作や音声編集の効率を大幅に向上させます。プロフェッショナルな仕上がりを目指すすべてのクリエイターにとって、MAutovolumeは強力なツールです。


お知らせ:現在、MeldaProductionはCreative FXセール中を開催中です。MeldaProduction の 4 つの優れたエフェクト プラグインが最大 65% オフで手に入ります。このチャンスを活用し、高品質な音楽制作ツールを手に入れましょう。詳細はこちらをご覧ください。

MAutoVolume
MeldaProduction → 価格をチェック
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック
ADSR Sounds → 価格をチェック
PluginFox → 価格をチェック

厳選されたエフェクトプラグインを紹介しています。詳細は、こちらの記事でチェックしてください。