PR

Sonnox ListenHubのレビュー

-レビュー -, ,

Sonnox から ListenHub がリリースされています。ListenHub は、MacOS 専用のリファレンスツールで、簡単に入力ソースを切り替えることができます。

お知らせ: 2024年6月19日までの期間限定で、Sonnox製品が最大 76% オフのサマーセール中です。詳細はこちらをご覧ください。

ListenHub
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

ListenHub

ListenHub は、Spotify、Apple Music、YouTube、独自のメディア プレーヤーなどのストリーミング ソースから簡単に A/B テストを行うことができる MacOS 専用のリファレンスツールです。

sonnox-Listenhub-01

アプリケーションとプラグインバージョンが用意されてます。基本的にはアプリケーション版を常に起動して、 Macのサウンド出力先、DAWの出力先を ListenHubアプリケーションにし、ListenHubからオーディオインターフェースに送ります。簡単にいうとスイッチャーソフトに近いですね。無料の iOS と Andoroid アプリを使えばスマホや iPad をコントローラーとして使えます。

sonnox-Listenhub-02

これにより、Macのシステム音とDAWの音を簡単に切り替えることができるので、リファレンス用のトラックを用意せずに、Spotify や YouTube などから再生して聴き比べることができるようになります。また、Reference トラック用の出力も用意されていてるので、DAWにリファレンストラックを読み込んで聴き比べることも簡単にできます。

ListenHubアプリケーションに AU プラグインを読み込むことができるので、スピーカーキャリブレーションをしているユーザーでも問題なく使うことができます。

アプリケーションを使う場合は、プレイバックエンジンにオーディオインターフェースではなく Sonnox ListenHub を使用します。Pro Tools もそうですが、インプットデバイスとアウトプットデバイスを分けることができないDAWは録音ができなくなります。録音もしたい場合は、アプリケーションではなくプラグインを使います。

アプリケーション版は、System に 1&2チャンネル、 Mainに 3&4チャンネル、Reference に5&6チャンネルが割り当てられているので、DAWのメインアウトプットを Mainの3&4、リファレンストラックのアウトプットを Referenceの5&6チャンネルに合わせます。

sonnox-Listenhub-03

次の機能でリファレンスとの比較が可能です。

  • System、Main、Reference の3つのインプットの切り替え
  • Main、 Alt の2つのアウトプットの切り替え
  • ステップボリュームコントロール
  • 設定したラウドネスを超えると耳とスピーカーを保護するすためのオートミュート
  • ラウドネス(LUFS)、ダイナミクス(PSR)、スペクトラムアナライザーの表示
  • 3つの入力すべてのラウドネスを一致させる Match Input Loudness
  • 周波数範囲ごとのソロ
  • チャンネルごとのソロ
  • プラグインFXチェーンの追加

また、ループバックチャンネルを使ってシステムの音をDAWに録音するといったこともできます。

sonnox-Listenhub-01

ということで MacOS 専用のリファレンスツールなのですが、モニターの切り替えや、キャリブレーションファイルの切り替えも楽になりますし、リファレンスをストリーミングソースから選ぶこともできます。また、Mac のシステムサウンドに EQ やリミッターなど好きな AU プラグインを挿すといった使い方もできます。便利なツールなので、是非試してみてはいかがでしょうか。

お知らせ: 2024年6月19日までの期間限定で、Sonnox製品が最大 76% オフのサマーセール中です。詳細はこちらをご覧ください。

ListenHub
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

厳選されたリファレンスツールを紹介しています。詳細は、こちらの記事でチェックしてください。