スポンサーリンク

AIR Hypeのレビュー

DTM

AIR HypeはFM、Wavetable、Virtual Analog、Sampleの4つのエンジンを搭載した、ハイブリッドシンセサイザーインストゥルメントプラグインです。膨大なサウンドライブラリと豊富なプリセット、組み込まれたオーディオエフェクトによって、Hypeはあらゆる面でユーザーの期待に応えてくれます。

AIR HYPE – NEXT GEN SYNTH

5/31まで 32% OFF セール中

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

Air Hype

Air Hype

Air Hype

見た目は図形を使った近未来的な感じのクールなデザインです。

Global Controls

Global Controls

グローバルコントロールにはセミトーン、ファインチューニング、モノ/ポリモード、グライドなどの基本的なコントロールができるようになっています。

 Macros

Macros

Hypeの特徴的な機能が、この6つの専用マクロコントロールです。これらのマクロはプリセットによってコントロールできるものが変わります。オシレーターを変更できるものもあれば、固定のものなど、プリセットによって決まっているので、自由にすべてのパラメーターを調整できるものではありません。

Bass_Warm-Basic_House_Bass

プリセットBass Warm – Basic House Bass

Synth_Light-EDM_Chords

プリセット Synth Light – EDM Chords

上の画像がプリセットのBasic House Bassで下の画像がプリセットのEDM Chordsです。比べてみるとだいぶコントロールできるものが変わっています。

Synth_Controls

Synth_Controls

シンセコントロール部分はAFTERTOUCHMODWHEELにPitch、Cutoff、Reso、Amp、Panを割り当てることができ、CTRL LFOを使って動かすこともできます。

あとは、通常のLFOフィルターエンベロープアンプエンベロープでサウンドを調整することができるようになっています。

Hypeには、ModulationDistortionHype(EQ)ReverbDelayCompressorPumperLimiterの8つのオーディオエフェクトが組み込まれています。直感的に表示されたエフェクトは、それぞれいつでも簡単に有効または、バイパスできるようになっています。

まとめ

Hypeを触ってみて、シンプルでユニークなシンセサイザーだと感じました。プリセットベースでサウンドを調整していく使い方になるので、シンセサイザーに不慣れなユーザーでも使いやすいと思います。

1からサウンドを作り込むシンセサイザーではないのと、アルペジエーターがついていませんが、1500以上の膨大なプリセットが用意されているので、アイデアを得ることができるクリエイティブなシンセサイザーだと思います。デモ版も用意されているので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。

デモはこちら→ Hype

5/31まで 32% OFF セール中

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました