Cableguys VolumeShaper 6のレビュー

DTMReview

Cableguys VolumeShaper 6は、エンベロープカーブを柔軟に描くことできるユニークなツールです。ミックスのサイドチェインからクリエイティブなサウンドデザインまで素早く簡単に行うことができます。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

VolumeShaper 6

VolumeShaper 6は、正確なミキシングとクリエイティブなサウンドのためのエンベロープシェイパーです。簡単な編集ツールで直感的にエンベロープを編集でき、モジュレーションによって制御することができます。

VolumeShaper 6はShaperBox 2というプラグインから起動します。 VolumeShaper 6自体はShaperBox 2のなかの8つのシェイパーと呼ばれるエフェクトのひとつです。エフェクトモジュールのひとつだけを購入している感じです。ShaperBox 2は、好きな順序でエフェクトを配置していくエフェクトラックです。SoundtoysのEffect Rackのようなものですが、VolumeShaper単体で起動できないのが好き嫌いが分かれそうです。購入済みのものだけを表示することもできます。

エフェクトを追加するときに、デフォルトの状態で追加するか、3つのクイックプリセットから追加するか選べます。Sidechain、Compress、Trim Hitと用途に応じて素早くセッティングできます。

エンベロープの画面をクリックすると丸が追加され曲線を描けます。control + クリックで白丸が追加され直線を描けます。丸をダブルクリックで削除できます。パターンも色々用意されているので、かなり自由なエンベロープを描くことが可能です。MIDI Switch機能で登録したエンベロープを曲中にMIDIで切り替えることもできます。

画面上部左側は、周波数範囲を低音、中音、高音に分けて別々のエンベロープをセットできます。右側は、モジュレーションコントロールです。Beat、Hertz、PitchのLFOモードが用意されています。

VolumeShaper 6を使えば、ゲートやコンプレッサーを使うよりはるかに柔軟で複雑にエンベロープカーブを調節できます。ミックスで手軽にサイドチェインコンプのようなこともできますし、単調なシンセをクリエイティブなサウンドに変えることもできます。機能も充分ですし、操作もすべて直感的にできるのでかなりお気に入りのプラグインです。是非試してみてはいかがでしょうか。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました