Newfangled Audio Saturateのレビュー

DTMReview

Newfangled AudioはEventideの元エンジニアによってスタートしたブランドです。デジタル信号処理技術と機械学習分野を組み合わせることで、最高のサウンドのオーディオツールを開発しています。そんなNewfangled AudioからサチュレーションプラグインのSaturateがリリースされています。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →

Saturate

Saturateは、Newfangled Audioの高度なマスタリングプラグインであるElevateの最終出力ステージに搭載されているSpectral Clipperという人気を博したサチュレーションプラグインです。トーンバランスに影響を与えることなく、オーバードライブできます。ミックス全体に使用することが理想的ですが、個々の楽器にも非常にうまく機能します。

Saturate-MODERN
Saturate-NEWFANGLED
Saturate-TWINTURBO
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

ユーザーインターフェースはシンプルで直感的な操作ができます。NEWFANGLED、MODERN、TWIN TURBOの3つのカラーから選択することができ、リサイズも可能です。

上部にはACTIVEでプラグインの処理をバイパス、ANTI-ALIASINGでアンチエイリアスエンジンのオン/オフ、アンチエイリアスによるCEILIINGの問題を回避するHARD LIMITがあります。

左右には、INPUT、OUTPUTメーターが付いていて、Peak、RMSが表示されます。OUTPUTメーターにはゲインリダクションも確認でき、AUTOGAINも付いています。

メインのSpectral Clipperのコントロールは、DRIVEパラメーターでゲインを追加してラウドネスと歪を増加させますが、増加量に応じてGAIN CURVEが変化します。CLIPPER SHAPEが0%の場合、ソフトな曲線で最小のハーモニクスが追加され、値が増加するにつれ曲線がハードになり、より多くのハーモニクスが追加されます。SYMMETRYを動かせば片方がハード、もう片方がソフトな曲線になり、非対称なサチュレーションが作成され、奇数倍音に加えて偶数倍音も生成されます。

基本的には、このDRIVEとCLIPPER SHAPE、SYMMETRYを調節してGAIN CURVEを調節します。

DETAIL PRESERVATIONはSaturateの面白い機能で、通常クリッパーが波形のピークを削除すると、細かいディテールも削除されますが、この細かいディテールを保持して復元できるスペクトルアルゴリズムです。CEILINGによるアウトプットのリミットも設定できます。

サウンドはクリアで自然なサチュレーションで、トーンバランスを失うことなくオーバードライブしてくれます。過激なサチュレーションではないので、個々の楽器でも自然と存在感を与えられますし、ミックスからマスタリングまで幅広く効果を発揮することのできるサチュレーションプラグインです。是非試してみてはいかがでしょうか。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE →
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました