CubaseとPro ToolsをMIDIを使って双方向で同期させる(MTC&MMC)

CubaseDAWPro Tools

1台のMacCubasePro ToolsMIDI経由で同期させる方法を紹介します。この記事ではPro Tools(MTCホスト)→Cubase(MTCクライアント)Cubase(MMCホスト)→Pro Tools(MMCクライアント)で接続し、双方向で同期できるようにします。

CubaseとPro Toolsの同期方法

1台のMacで同期する場合は、IACドライバで仮想MIDIポートを作成して、同じPC上のアプリケーション間でMIDIをやりとりできるようにします

Pro ToolsCubaseはどちらもMIDI Clockの送信はできますが、受信ができないのでMTCを使って同期させます。

Pro Tools(MTCホスト)→Cubase(MTCクライアント)でPro Toolsからの再生に同期させ、

Cubase(MMCホスト)→Pro Tools(MMCクライアント)でCubaseからの再生に同期させます。

※ループ再生は両方のDAWで同じ設定にすると同期します

MTCの設定

上の記事からMTCの設定ができたら、次はMMCの設定に移ります。

MMCの設定

CubaseからMMCを送信する

1. トランスポート > プロジェクト同期設定 を開きます。

Cubase画面下のトランスポートバー右端の歯車「トランスポートを設定」を開いて、外部同期を有効化にチェックを入れ、外部同期を有効化ボタンを表示させます。

外部同期を有効化On Offボタンと、同期設定のボタンが表示されます。

2. プロジェクト同期設定マシンコントロールタブ マシンコントロール出力設定からMMC(マスター)アクティブにチェックを入れ、MIDI出力IACドライバで作成したバスMMCデバイスIDは好きな数字を設定します。

IACバスはDAWごとに作っておくとわかりやすいです。

3. 外部同期を有効化します。有効化するには3つの方法があります。

  1. Cubase画面下トランスポートバーのが外部同期を有効化ボタンを押す
  2. メニューバー トランスポート > 外部同期を有効化
  3. メニューバー トランスポート > プロジェクト同期設定 ソースタブ > 外部同期を有効化

以上でCubaseからMMCを送信する設定は終わりです。次はPro ToolsでMMCを受信できるように設定します。

Pro ToolsでMMCを受信する

1. トランスポート > プロジェクト同期設定 を開きます。

2. マシンコントロールタブから MIDIマシン コントロール リモート有効化にチェックを入れ、IDをCubaseで設定したMMCデバイスIDと同じ数値にします。

以上で、Pro ToolsでMMCを受信する設定は終わりです。これで、Pro Toolsからの再生はMTCで、Cubaseからの再生はMMCで同期します。

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました