スポンサーリンク

ReWireでDAWを連携させる

DTM

DAWの同期方法のひとつにReWireがあります。ReWireを使えば異なるDAWどうしを連携させることができます。

ReWireとは

ReWirePropellarhead Software ABSteinbergが開発した、2つのReWire対応ソフトウェア間でオーディオ・MIDIデータをリアルタイムでやりとりするためのシステムです。

ただ、ReWireは2020年に廃止され、各DAWで非推奨や廃止になっていく規格になりました

開発のPropellarheadのDAWであるReason11からVST/AUプラグインとして使用できるようになりReWireを廃止、Ableton Live11からReWireが廃止されました。FL StudioもReWireは廃止予定で、VST/AUとしての使用を推奨しています。

ReWireでなにができるのか

ReWireを使えば異なるDAWを連携させることができ、メインとなるDAWにVSTiのように他のDAWを使うことができます。ただ、ホスト → デバイス(クライアント)のような関係性があり、ほとんどのDAWがReWireホストになれますが、ReWireデバイスになれるDAWは Reason、Ableton Liveぐらいで、連携できるDAWは少ないです。

しかし、連携できればホストデバイスどちらのDAWから再生しても同期して再生されるので、MIDIを利用した外部同期よりも便利です。

ReWireホスト ReWireデバイス

DAWを起動する順番でホスト、デバイスが決まり、ReWireホストとして使いたいDAWを最初に起動します。そのDAWでReWireを有効にしてから、もうひとつのDAWを起動すると自動的にReWireデバイスとして動作します。ただし、そのDAWがReWireデバイスとして使える場合のみです

下記のように、ReWireデバイスになれるDAWは少なく、ReWireホストどうしでは連携できません。

ReWireホスト

  • Pro Tools
  • Cubase
  • Studio One
  • Logic Pro
  • FL Studio
  • Ableton Live
  • Sonar
  • MOTU DP

ReWireデバイス

  • Ableton Live
  • FL Studio
  • Reason
  • Finale
  • Sibelius

Rewireデバイスの制限事項

スポンサーリンク

Ableton Live

Ableton LiveをRewireデバイスとして使う場合は、サードパーティー製のVST/AUプラグインは使えません。ReWireホストのDAWでは使用できます。

オーディオインターフェースの入出力や録音も制限され、ReWireホストのDAWでのみ使用できます。

まとめ

個人的にはReWireでCubaseとAbleton Liveを連携させて使っていたので、廃止されて残念でなりません。動作が不安定だったり問題もありましたが、MIDIの外部同期ではホストアプリケーションの再生でしか同期されませんし、Pro ToolsがAbleton linkに対応したのに Cubaseが対応していなかったりと、なかなかすべてに対応できる良い連携方法がないのが現状です。

スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました