スポンサーリンク

オススメのダイナミックEQプラグイン3選

dynamic_EQ_featuredimage
DTM

DTMのミックス時に特定の状況やノートで発生するレゾナンスなどをイコライザーで処理する場合、そのタイミングでEQが効くようにオートメーションを書かなければなりません。ダイナミックEQはターゲットを絞って問題が発生した瞬間だけにEQを適用することができます。

似たようなプラグインにマルチバンドコンプレッサーがありますが、マルチバンドコンプレッサーは周波数帯を選択するのに対し、ダイナミックイコライザーはノッチフィルターなどで非常に狭い周波数帯域を指定したり、シェルビングフィルターを使ったり具体的な問題に柔軟に対応することができます。

1.McDSP AE400 Active EQ or AE600 Active EQ

AE400 Active EQ

McDSP AE400の画面

McDSP AE400

AE400 Active EQはダイナミックEQですが、名前はアクティブEQとつけられています。
微調整したい時などは効果を確かめる画面が見づらいです。バンドごとにピークが確認できます。

  • 4バンドパラメトリックイコライザー
  • 4つのバンドのイコライザーはすべてベルカーブでシェルビングにできません
  • バンドごとにスレッショルド、レシオ、アタック、リリースのアクティブEQのパラメーターが設定可能
  • INV ボタンでカット / ブーストを切り替え可能
  • 外部サイドチェイン機能

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → AE400 Active EQ Native
PluginFox → AE400 Active EQ Native
Rock oN → AE400 Active EQ Native

スポンサーリンク

AE600 Active EQ

McDSP AE600の画面

McDSP AE600

AE600 Active EQは、AE400 Active EQと比べて視認性が良くなっています。各バンドにピークメーターと設定しているスレッショルドが表示されるようになり、操作性もアップしています。

  • 6バンドパラメトリックイコライザー
  • 固定EQとダイナミックEQが独立し、個別にパラメータを制御可能
  • EQモードに Parametric、Proportioinal Q、5x Q、Baxandall shelving、Vintage / X-style shelving、HP / LP が追加
  • AE400に比べて Threshold とゲインリダクションの視認性が良くなっています

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → AE600 Active EQ Native
PluginFox → AE600 Active EQ Native
Rock oN → AE600 Active EQ Native

2.FabFilter Pro-Q 3

FabFilter Pro-Q 3 dynamic equalizer

FabFilter Pro-Q 3 dynamic equalizer


Fabfilter Pro-Q 3 dynamic EQ external side chain

Fabfilter Pro-Q 3 dynamic EQ external side chain

Pro Q3は、人気の高いPro Q2にダイナミックEQの機能が追加されていて、見た目も操作性も抜群の多機能なイコライザーです。ダイナミックEQの部分は細かい設定はできません。

  • Pro- Q 3 から Pro-Q 2 にはなかったダイナミックEQモードが追加されました。
  • attack、release、 knee は自動調整され、パラメーターをいじることはできません。
  • Threshold はオートかマニュアルを選べます。
  • Threshold をマニュアルにするとExternal side chain を選べます。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → Pro-Q 3
PluginFox → Pro-Q 3
サウンドハウス → Pro-Q 3
Rock oN → Pro-Q 3

3.iZotope Ozone Dynamic EQ

iZotope Ozone9 Dynamic EQ

iZotope Ozone9 Dynamic EQ

iZotopeの Ozone に付いているDynamic EQ です。これも直感的に操作できます。
Dynamic EQ単体では購入できません。プラグイン単体で使うには Advancedエディションが必要です。

  • analog と digital の2種類のモードが選べます。
  • フィルタータイプに Peak Bell、Propotional Q、Band Shelf、Baxandall Bass/Treble があります。
  • Attack、Releas のパラメーターが調整可能です。
  • Auto Scale でアタックとリリースを自動設定にできます。
  • サイドチェイン機能はありません。

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → Ozone 9 Advanced
PluginFox → Ozone 9 Advanced
サウンドハウス → Ozone 9 Advanced
Rock oN → Ozone 9 Advanced

ダイナミックEQとは

ダイナミックEQとは従来のEQにコンプレッサーやエキスパンダーなどのダイナミクスの要素をコントロールできるように組み合わたものです。EQのゲインの部分にダイナミクス要素を追加して入力信号の強さによってゲイン量が決まるようになります。大きな音が鳴った時だけカットするコンプレッサーのようにも、大きな音鳴った時にさらに大きくするエキスパンダーのような使い方もできます。ボーカルやアコースティック楽器などで特定の音や、突発的に発生するレゾナンスなどに効果を発揮します。

パッシブ or アクティブ

従来のEQには各バンドに固定のゲインが付いています。しかし、ダイナミックEQでは入力信号の強さによってゲインが変化して動きます。これがパッシブかアクティブ、受動的か能動的といわれる所以です。常にEQ処理をしたくない場面に力を発揮します。

まとめ

ミックス時に操作性など直感的に操作しやすいのは Ozone Dynamic EQ や Pro-Q 3 ですが, 細かい調整ができるのは AE600です。AE600よりもAE400のが価格は安いです。ダイナミックイコライザーは少し特殊なイコライザーなので使い所も難しいと思いますが、初心者の方でもミックス用にひとつ持っておいてはいかがでしょうか。イコライザーでもコンプレッサーでも解決できない問題に直面するかもしれません。以上、おすすめのダイナミックEQでした。

スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました