【Phase Alignment】オススメの位相ずれツール&プラグイン

DTMTool

同じ素材でも複数のマイクを使った場合、一緒に鳴らすと位相がずれていて本来のサウンドとは違う聞こえ方がすることがあります。位相ずれ・位相補正ツールはミックスで起こるフェイズに関する問題を解決してくれます。

位相ずれとは

上の画像は、同じ素材の片方を位相反転させたのですが、山と谷の部分が反転してぶつかり合っています。こうなるとお互いに打ち消し合って、音量が下がったり音の芯やパンチがなくなります。ノイズキャンセリングもこの現象を利用しています。

この位相ずれは、複数のマイクを使うレコーディングやサンプルをレイヤーする時に起こります。キックのイン/アウト、スネアのトップ/ボトム、ベースやギターのDI/アンプ、アンプを2つ使うステレオギターなどで注意が必要です。

通常は上の画像のように、キレイに反転して見えることはないので、位相ずれが起こりそうなトラックは耳での確認が必要です。

オススメの位相ずれツール

UAD – Little Labs IBP

Little Labs IBPは、様々な位相のズレた音を修正して、フェイズに関する問題を解決してくれるデバイスです。実機はDIボックスのような形をしており、インストゥルメントインプットやラインインプット・アウトプットが付いています。どんなシーンにもLittle Labs IBPフェイズ・アレンジメント・ツールはフェイズに関する問題を素早く、簡単に解決します。

  • ディレイアジャスト(プラグイン限定機能)
  • フェイズアジャスト
  • フェイズインバート
  • フェイズセンター Lo/Hi

MeldaProduction – MAutoAlign

MAutoAlignは、位相のズレによって起こるフェイズキャンセルを自動的に検出し、修正してくれるユニークなツールです。MAutoAlignを使えば簡単に素早く位相問題を解決することができます。

  • ディレイ、位相反転の自動化
  • スペクトラム位相補正
  • 無料アップデート

まとめ

位相ずれ・位相補正ツールはミックスをするなら持っておきたいツールのひとつです。自分の耳を頼りに手動で調整するのも良いですし、難しいと感じるユーザーや面倒だと感じるユーザーは、操作さえ覚えれば自動ツールにまかせるのも時短になりますし、本来のミックス作業に集中できます。

DTMDays
タイトルとURLをコピーしました