スポンサーリンク

オススメのベクトルスコープ(Vectorscope)プラグイン

DTM

ベクトルスコープ(Vectorscope)は、信号のステレオ幅を視覚的に確認することができるアナライザープラグインです。また、位相の問題を特定するのにも役立ちます。今回はそんなベクトルスコープのオススメのVSTプラグインを紹介します。

ベクトルスコープとは

ベクトルスコープとは、2チャンネルのステレオ信号を並列表示したメーターです。モノ信号は縦の直線になりますが、ステレオイメージを広げると横に広がります。ベクトルスコープには、Lissajous(リサージュ)、Polor SamplePolor Levelの3種類の表示があります。

Lissajous : ドットで表示され、縦に広がると左右のチャンネルが似ていることを表します。横に広がると左右のチャンネルに大きな違いがあることを表します。

Polor Sample : ドットで表示され、ステレオ幅をイメージしやすいです。左右の45度線より中央にあると正相です。

Polor Level : Polor Smapleと似ていますが、ドットではなく光線で表示されます。光線の長さが振幅で、角度がステレオ位置を表します。左右の45度線より中央にあると正相です。

オススメのベクトルスコーププラグイン

NUGEN Audio – Visualizer

NUGEN Audio - Visualizer Vectorscope Lissajous
NUGEN Audio - Visualizer Vectorscope Polar
NUGEN Audio - Visualizer
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

NUGEN Audio Visualizerは、レベル、周波数分布、位相、L/Rの相関度合いから、瞬間的なクリップまで解析可能な、信頼できるオーディオ分析ツールです。サイズ変更可能で柔軟なインターフェイスは、複数のメーターを1つの画面で表示でき、プラグインの切り替えを減らせます。

  • Level、Spectrum Analyser、Spectrogram、Vectorscope、Correlationの分析機能
  • Lissajous、Polor Levelのベクトルスコープ
  • Lissajousはドットか結合表示を選択可能
  • Polor Levelは光線の表示を塗りつぶすか枠のみか選択可能
  • ピークホールド(Polor)
  • フリーズ機能(Lissajous、Polor)
  • カラーを変更可能
  • マルチビュー
  • 自由にリサイズ可能
  • VST、VST3、Audio Units、AAX Native、AAX DSP、AudioSuiteに対応

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → Visualizer
PluginFox → Visualizer

iZotope – Insight 2

iZotope - Insight 2 Vectorscope Polar Sample
iZotope - Insight 2 Vectorscope Polar Level
iZotope - Insight 2 Vectorscope Lissajous
iZotope - Insight 2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

iZotope Insight 2は、プロ仕様のオーディオミキシングおよび制作ワークフローに適合する、多機能な分析ツールです。

  • Level、Loudness、Spectram Analyzer、Spectrogram、Vectorscopeの分析機能
  • Lissajous、Polor Sample、Polor Levelのベクトルスコープ
  • コリレーションメーター
  • インターフェイスを自由にリサイズ可能
  • VST、VST3、Audio Units、AAXに対応

[購入]
PLUGIN BOUTIQUE → Insight 2
PluginFox → Insight 2

スポンサーリンク

iZotope – Ozone Imager V2

iZotope - Ozone Imager V2 Polar Level
iZotope - Ozone Imager V2 Polar Sample
iZotope - Ozone Imager V2 Lissajous
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

iZotope Ozone Imager V2は無料のステレオイメージャープラグインですが、Lissajous、Polor Sample、Polor Levelの3種類のベクトルスコープとコリレーションメーターを備えています。

  • 無料プラグイン
  • Lissajous、Polor Sample、Polor Levelのベクトルスコープ
  • コリレーションメーター
  • 広がりをコントロール
  • モノラルをステレオ化
  • VST2、VST3、Audio Units、AAX Nativeに対応

MeldaProduction – MStereoScope

MeldaProduction - MStereoScope

MeldaProduction – MStereoScope

MeldaProductionMStereoScopeは、無料の高度なステレオフィールドアナライザーです。信号の特定部分をソロにできます。ベクトルスコープは赤色の円形を表示してくれるので、形がわかりやすいです。True Peak メーターやM/Sメーターを備えており、Widthメーターを使用すれば位相の問題がわかります。

  • 無料プラグイン
  • LissajousベクトルスコープかStereo Graph表示を選択
  • True Peakメーター
  • M/Sメーター
  • Widthメーター
  • Mid、Side、Left、Rightのソロ試聴機能
  • VST、VST3、Audio Units、AAXに対応

Flux:: – Stereo Tool v3

Flux:: - Stereo Tool v3

Flux:: – Stereo Tool v3

Stereo Tool v3は、無料のステレオイメージングとアナライズツールです。ベクトルスコープ、PPMメーター、コリレーションメーター、左右それぞれの位相反転、入力ゲインとパンコントロールができます。

  • 無料プラグイン
  • Lissajousベクトルスコープ
  • コリレーションメーター
  • PPMメーター
  • 左右個別のゲインコントロール
  • 左右個別の位相反転スイッチ
  • 左右個別のパンコントロール
  • Widthコントロール
  • VST2、Audio Units、AAXに対応

まとめ

ベクトルスコープはオススメできる無料のプラグインがいくつか存在しています。画面表示をスッキリさせたい場合は、Insight 2やVisualizerのような複合的なアナライズツールを持っておくと良いと思います。

スポンサーリンク
DTMDays
タイトルとURLをコピーしました