PR

Mastering The Mix BASSROOMのレビュー

Mastering The Mix BASSROOMレビューのアイキャッチ画像

-レビュー -, , ,

Mastering The Mixからリリースされた「BASSROOM」は、ローエンドのバランスを簡単に仕上げることができる強力なミックスツールおよびマスタリングEQプラグインです。BASSROOMは、複雑なアルゴリズムを使用して、低周波数帯域のバランスを正確に調整し、プロフェッショナルな音質を実現します。本レビューでは、BASSROOMの主要機能とその実際の使用感について詳しく解説します。

BASSROOM
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

BASSROOMとは?

BASSROOM は、耳がミックス全体のバランスに対して低周波数をどのように知覚するかを正確に識別する複雑なアルゴリズムを使用して、初心者やプロが数秒でローエンドを仕上げるのに役立つ、低音専用のマスタリング EQ およびミックスツールです。これは、優れた音質を提供し、世界クラスの優れたオーディオ エンジニアが行うようなジャンル固有の EQ 調整を提案することによって実現されます。さまざまなジャンルのベストミックスを分析し、信頼できるEQターゲットプリセットを提供します。

BASSROOMプラグインで低周波数のバランスを調整

BASSROOMの使い方

Bassroomは、ローエンドを完璧に調整するための最適なプラグインです。マスターバスのリミッターの前にインサートして使用します。まずは、画面左下のEQターゲットプリセットから選択しましょう。このプリセットは、ジャンルやスタイルごとに最適化されていますが、複数試してみて自分の好みに合うものを選ぶことが重要です。ジャンルにこだわらず、最も効果的なサウンドを見つけてください。

BASSROOMターゲットプリセット画面

Bassroomでは、画面左下隅のアイコンからリファレンストラックを読み込むことで、独自のEQターゲットを簡単に作成できます。特にベースが多く含まれるサビの範囲を選択して、ローエンドを精密に調整しましょう。

BASSROOMで独自のEQターゲットを作成する

プリセットが決まったら、ベースが多いセクション(サビ)を再生してください。Bassroomでは、左右の壁に表示されるターゲット線が推奨値に移動するので、各バンドのゲインを調整してターゲット線に合わせるだけで簡単に調整できます。もしターゲット線が手前に張り付く場合は、中央下の表示範囲を6dBに変更しましょう(デフォルトは4dBです)。

BASSROOMのターゲット線とゲイン調整
BASSROOMのターゲット線を使ったバンドゲイン調整

BassroomのEQ機能は、0~20Hz、20~40Hz、40~80Hz、80~160Hz、160~320Hzの5つの固定周波数レンジを提供します。各レンジでゲイン調整とQ調整が可能です。インターフェイスは初見で分かりにくいかもしれませんが、手前に動かせばゲインがアップし、奥に引っ込めればゲインがダウンします。周波数は縦方向に表示され、上に行くほど高くなります。

EQの調整が完了したら、画面上部右側にあるスピーカーアイコンをクリックし、ボリュームスライダーをポインターに合わせましょう。これにより、バイパス時のラウドネスと一致させることができ、正確な聴き比べが容易になります。

BASSROOM EQ調整後のボリュームスライダー

Bassroomの評価

低音を正確にモニタリングするには、高価なスタジオモニターやサブウーファーが必要になってくるので、環境を整えるのが難しい DTM ユーザーにとっては、かなり助かるツールになると思います。使い方も簡単で、数秒でローエンドのバランスを整えることができるので、是非試してみてはいかがでしょうか。


BASSROOM
PLUGIN BOUTIQUE → 価格をチェック

320Hz以上の周波数調整には、Mastering The MixのMIXROOMが最適です。詳細については、Mastering The Mix MIXROOMのレビューをご覧ください。

厳選されたベストEQプラグインのリストを紹介しています。詳細は、以下の記事でチェックしてください。